« 宇治の空☆朝日と夕日とヘンな虹 | トップページ | 再び☆木工職人 »

2011年11月10日 (木)

京洛八社集印めぐり☆踏破の巻!

13_2

Photo_2宇治のスタンプラリーがとても楽しかったので、その勢いでこの前の休日、京都市内の神社をめぐる「京洛八社 集印めぐり」というのに挑戦してきました!

Photo_3 ほぼ地下鉄烏丸線に沿って点在しているから、めぐりやすかった。ただ印を集めるというより神社の由緒やまわりの景色なんかもじっくり味わいながらというのがおすす8めかな。

手水舎で手と口を清め、「二礼二柏手一礼」の作法でお参りすると(きゃさりんはPhoto_4 特に信心という感覚はなく、何を願うというのでもなく、ただ無心になることにしているのだ)、それだけでリラックスしていく感覚があるもの。

神社そのものがパワースポットなんだなという感じは納得。お陽さまや美しい景色やおいしい料理や壮大なモノをみたとき、おばあちゃんがよく手を合わせて拝んでいたけど、年齢を重ねるとその感覚がちょこっと理解できるようになった、そんな感じかな。

3

神社といってもそれぞれに個性的で、八百万の神さんは実ににユニークです。足腰を守る、スポーツ上達、水難火難除け、書道の上達、心しずめ、就業成就、学業向上などなどバラエティに富んだご利益があるのよね。

それに狛犬。表情もいろいろ。犬ならぬ狛イノシシ君もいてびっくり。
左右に同じ狛犬さんがいるのだと思っていたけど、ちが~う。向かって右、上手のほうは口を開けていて、左下手は口が閉じていた。

左が始まりで右が終わり、だから左が上手で右が下手、左が誕生で右が終末。けど向きあう私には左右逆だぞ。ややこしい。

おぉ高校の歴史授業が頭に浮かびました。「天子は南面す」先生はそう言ってたなぁ。私の右手が西だけど、天子様の西は左! 先生の名前忘れたけど。うあ~、今その意味が理解できた!(いや、遅すぎ…)神様から見てってことなんだ。音曲語りもの「この花咲くや姫」を上演させてもらってるあがた神社も南向きだぞ!!あ、京都の街、いや平安京も南を向いて造られているもんね。

と、スローなきゃさりんは35年のときを経て、歴史の授業の内容を身近に理解するのでありましたとさ。センセ、あほな生徒でごめんね。

最後の写真、うさぎは八社全部の社印を集めたらプレゼントされましたよ。その年の干支だよ。来年はもっと早い時期にまわろっと!

|

« 宇治の空☆朝日と夕日とヘンな虹 | トップページ | 再び☆木工職人 »

サクサク散策」カテゴリの記事

コメント

八社めぐりはだいたい何時間くらいかかりましたか?1日でみれますか?

投稿: ゆずの | 2011年11月12日 (土) 23時50分

「音曲、ケロケロな道」をご覧いただきありがとうございます!
八社めぐりは2日に分けて行きました!
四条通りの北と南にブロック分けし、京都駅から四条まで地下鉄でゆき、南下するコースと、京都駅から鞍馬口まで行って南下するコースです。それぞれ3時間を少しオーバーする所要時間でした。ランチも食べていますから、1日でも余裕ですね。
近くの方は日を分けてゆっくり歩かれるといいですよ。宇治市民の私ですから、京都は行き慣れているつもりでも、知らないところがいっぱいで、とっても新鮮でしたもの。
1日で駆け巡るというのも、コースをシュミレーションしながら工夫したりするのも楽しいと思います。
挑戦されて、面白い発見やお勧めスポットを見つけられたら、ぜひコメントくださいね!

投稿: きゃさりん | 2011年11月13日 (日) 17時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京洛八社集印めぐり☆踏破の巻!:

« 宇治の空☆朝日と夕日とヘンな虹 | トップページ | 再び☆木工職人 »