« 新たに着手☆4尺短胴大締め太鼓 | トップページ | サグラダファミリアも完成させんと☆こんなん作っとったんかぁ!! »

2012年7月17日 (火)

コンチキチン☆熱気と汗と歓声と

Photo

四条の地下通路から地上へ出ると、ちょうど月鉾が四条烏丸交差点を東に向いて巡行するところでした。出勤しなきゃーなんだけど、しばし撮影タイム。

もともとは地震や津波の自然災害や疫病に悩まされた貞観年間に始まった怨霊を鎮める儀式。16世紀には豪華絢爛な懸装品で装飾した豪華な鉾になったらしいのだけど、ときを経た2012年、ビルが林立する八坂さんの参道を当時の姿そのままに進んでいるのを見て、なんとも不思議な気持ちになるのでした。ミスマッチが新しいというのでしょうか。

鉦や太鼓や笛の音が、もちろん生音で、梅雨の明けた澄んだ青空に響いていて、気持ちよかったですし。

勤め先の会社の前は「橋弁慶山」がおわしまして、まさに!のタイミング。烏丸通りへと進んで行きました。

2012

「ちまき」やそのちまきに書かれてある「蘇民将来子孫也」の意味は、京都の人は当然知っていること。けど、日本国民の共通認識ではなかったのね。
「ちまきの中身はなんですか?」
「食べられますか?」
「これはどう使うのですか?」
と、聞かれる観光客の方が多いのです。

このちまきは、厄除け、災い除けに玄関に祀るもの。
食品ではありません。
昔むかし、牛頭天王が困っているときに助けてもてなした貧しい蘇民将来。で、祇園祭りの元々は「怨霊鎮め」でしょ。その怨霊とされていたのが牛頭天王。
だから、うちの家はあなたに親切にした蘇民将来の子孫なんですよ。あのときの恩があるでしょ。うちには入ってこないでねっていう意味なんです。めちゃざっくりやけど。

祇園祭、17日の巡行は9時長刀鉾の稚児が縄を切ってスタートするそこが見どころの一つだけど、私はね、12時すぎに御池の新町や室町通を南下して各鉾がそれぞれの町に戻って行くところがダイナミックで好き!

河原町通のように対向4車線もあるような広い道でなくて、室町通や新町通は一方通行のギリギリ2車線サイズ。その通りを鉾が御池通りからグイグイ曲がって進む姿に、祭りを支える人たちのエネルギーを感じちゃうのです。

素敵です。

祇園祭は24日に還幸祭、31日の夏越祭とまだまだ続きますよ。

まずは宵山と巡行お疲れ様でした。ありがとうございました。

|

« 新たに着手☆4尺短胴大締め太鼓 | トップページ | サグラダファミリアも完成させんと☆こんなん作っとったんかぁ!! »

サクサク散策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コンチキチン☆熱気と汗と歓声と:

« 新たに着手☆4尺短胴大締め太鼓 | トップページ | サグラダファミリアも完成させんと☆こんなん作っとったんかぁ!! »