« いざ、縁結びの出雲大社へ!☆出雲駅伝開催日 | トップページ | 出雲そば☆稲佐の浜☆神迎えの道☆ »

2012年10月15日 (月)

独身の友人たちの代表参拝☆出雲大社のご利益やいかに

Pap_0011 とってもいい天気。青空に秋の雲がいい感じ。左手に見えるゴンドラ(笑)みたいなのは、駅伝のスタートと最終ランナーを映すテレビのカメラと中継車よ。

今ここに八百万の神様が会議をするために集まっておられるのかと思うとなんかドキドキしちゃう。あがた神社のコノハナクヤヒメさんも来ているかしら…。

神様方の行動基準は旧暦なんだろうかと妙なところが気になるぞ。だって、旧暦ならまだ9月ちゃうん?

まあ細かいところは置いといて、ずんずん、ずんずん本殿に向かう…。

Pap_0028 見えた! これは『御仮殿』と呼ばれる拝殿。今は『平成の大遷宮』で改装中とのことで、大国主様はこちらにおわしますよん。

手水舎で清めて、お賽銭…、これははずみました。奈保ちゃんの分、真理ちゃんの分、潤子ちゃんの分、秀子ちゃんの分、まるちゃんの分、カトリーヌの分、え~と、私の独身友人ぜ~んぶ!と心に置いてね。出雲大社の参拝作法は、『ニ礼四拍手一礼』。それと手を打ち鳴らすとき、「指の関節(フシ)をずらす」のですって。きっちり合わせると「フシ合わせ=不幸せ」なんやって。神さんもダジャレ好き!

Pap_0025 これは、大国主命と因幡の白ウサギの神話の場面。大きな袋を持っているのね。中身は何だと妙なところが気になるきゃさりん。調べたら「私たちの苦難や悩みが入っている」らしいです。

Pap_0030 下のは『ムスビの御神像』日本海の荒波に現れた『幸魂奇魂(さきみたまくしみたま)』を授けられて、結びの神様になったんだって。大国主命のポーズをまねるとパワーを得られるらしい。ブリちゃんも早速まねっこ。


古事記編纂1300年記念出雲路珍道中、『感動場面』その2

四の鳥居にさしかったとき太夫あきらんが「きゃさり~ん! あれ、あれ…」と言うの。しばしキョロキョロ。

その鳥居の下で、1組のカップルが向き合っているわ。しかも男性の手には白い小さな箱、ふたが開いていて…。

うぉ~♡!♡!♡!

指輪!! こ、これはプロポーズ♡ ギョエェ~♡ 成行きをチラミ、でしっかり観察、エへへ。
大勢の人が行き交っているのに男性、照れる様子もなくヘラヘラすることもなく、かといって緊張したり大げさにするでもなく、落ち着いた表情で、それがきゃさりんには人としての真面目さや愛の深さ、真剣な思いとして映りました。素敵な男性♡ おっと、私が惚れてどうする…。そしたら、女性号泣。友人が周りにいたみたいで、記録映像を撮っていました。いや~、感動的な一瞬でございましたわ。お幸せに。

さて、次は出雲そばと、神迎えの道の散策。しつこくまだ続くよ~。

|

« いざ、縁結びの出雲大社へ!☆出雲駅伝開催日 | トップページ | 出雲そば☆稲佐の浜☆神迎えの道☆ »

サクサク散策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 独身の友人たちの代表参拝☆出雲大社のご利益やいかに:

« いざ、縁結びの出雲大社へ!☆出雲駅伝開催日 | トップページ | 出雲そば☆稲佐の浜☆神迎えの道☆ »