« 宇治上神社を味わう☆まいまい京都・其の2 | トップページ | 中の島の桜伐採の私見☆宇治川のこれから »

2013年3月20日 (水)

いよいよ平等院へ☆まいまい京都、其の3

067
平等院の門をくぐったら、普通左手に進むのだけど、三浦さんは右手にズンズン(人が少ないからね)。写真の右下から中央が阿字池の一部。平成2年の調査で州浜があったことがわかり、再現されているんだって。

069
宇治上神社の手水(ちょうず)として使われている「桐原水(きりはらすい)」と同じ湧水、宇治の七名水のひとつ「阿弥陀水(あみだすい)」。桐原水以外の七名水は全て枯れてしまっているんだって。かつては桐原水と同じ透明度で阿字池が満たされていたのだと想像すると、すごい幽玄な世界が頭に浮かぶわぁ☆

081
ちょうど平等院の裏手、尾廊の下は小石が積まれていて、ちっちゃな段差になってるのん。耳をすませば、チョロチョロとせせらぐ音が聞こえる!(人がいないから)

089

平等院の北側から南を見たところ。阿字池に舟を浮かべて、鎮守社である宇治上神社とその鎮守の森、仏徳山を借景に歌なんか詠んでいたのかしらね~。江戸時代に日本に来たとされる「さるすべり」が、これまた平成2年の調査で、平安時代にあったことが分かったりね。桜にハスに藤に美しい花が咲いてお庭も極楽浄土を表現していたのだな~としみじみ思いました。

こんなうららかな春の日、静かな平等院ってめっちゃ珍しいのよ。砂利を踏む音もすてきに響くし、阿字池のせせらぎも聞こえるし。
改装中だからこそ体感できる平等院もいいな~と思いました。来なきゃ損です!半額だしね♪

鳳翔館の見学は今回のまいまいでは自由参加だったけど、もちろん大好きな雲中供養菩薩と語らいに行きました。ただ、すごく空腹でさ、グーグーお腹が鳴っていたので、拍版を持った子に「よッ♡」と挨拶して早々と出てきました。だって静かな鳳翔館に響くのよ、お腹の虫。
あ、拍板のとこでよく聞く会話「へ~、日本にもこんな楽器があったんや~☆」この楽器「バンドネオン」と間違う人がいるのよね♪

最後みんなで昼食をってことで、宇治市民の私が案内差し上げたのだけど、総勢7人のお席を休日のランチタイムに見つけるのは不可能…。

みなさんとっても優しい方で、宇治らしいスイーツを食べようってことになり、

090

はんなりパフェ 780円を食べた。オジサマもお兄様もみんなスイーツで昼ごはんでした(笑)

はんなりカフェ 憩和井
http://iwaikiyomi.exblog.jp/

あ~、大満足!!楽しかった。さらにさらに宇治が素敵な街に感じました。高まった宇治愛をブログや音曲ケロケロ座の舞台に還元できるよう精進したいと思います。

まいまい京都さん、三浦豊さん、阿比留さん、そして半日共にまいまいした参加者のみなさん、ありがとうございました!! また参加します!!

|

« 宇治上神社を味わう☆まいまい京都・其の2 | トップページ | 中の島の桜伐採の私見☆宇治川のこれから »

サクサク散策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いよいよ平等院へ☆まいまい京都、其の3:

« 宇治上神社を味わう☆まいまい京都・其の2 | トップページ | 中の島の桜伐採の私見☆宇治川のこれから »