« 竹で作ったぐい飲み☆音曲リーダーの友人斎藤氏作 | トップページ | 大好きな雲中供養菩薩☆結縁する »

2013年11月17日 (日)

対鳳庵のお茶席☆心癒されるひととき

Img_2093

茶処宇治には市営のお茶室があるんですよ。
隣の観光協会で受付していただいて、お茶席券を購入して向かいました。
対鳳庵には、本格的な茶室と広間の茶室、そして立礼席の3つの茶室がありました。きゃさりんは膝の調子がいまいちなので、「立礼席で」とお願いしました。
Img_2087
赤い紅葉が可愛い白あんのお菓子。とても落ち着く甘さが美味しかった☆
Img_2091
そして、いよいよ斎藤氏が製作された竹製の茶碗で点てたお抹茶が運ばれてきました。大ぶりのお茶碗ですが、土ものの「持ち重り」とは違って、軽く両手にふわりと馴染むのが新しい感覚で、唇を当てると滑らかで優しい感じがしました。
先にいらしたおばあちゃまが、「重いかしらと思ったら、軽くていいわね。この色と艶がなんとも味があります」と眼福のひと時を楽しんでおられる様でした。
今日と明日の2日間だけなのは、ちょっともったいないように感じます☆
Img_2092
 
斎藤氏の作品も展示されていました。
真竹の根元を使って作っているのだそうです。竹は掘り出す際や乾燥の工程で割れたりするそうです。切り出した真竹を炭であぶって油分を抜き、乾燥させるのに5年ほどの期間が必要なのだそうですよ。作品を作る素材を準備するまでに長い期間が必要なんですね。
 

|

« 竹で作ったぐい飲み☆音曲リーダーの友人斎藤氏作 | トップページ | 大好きな雲中供養菩薩☆結縁する »

サクサク散策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 対鳳庵のお茶席☆心癒されるひととき:

« 竹で作ったぐい飲み☆音曲リーダーの友人斎藤氏作 | トップページ | 大好きな雲中供養菩薩☆結縁する »