« 12月は小春日和とちゃうん?☆ご近所のビュースポット | トップページ | カワニナはどうなったのかな☆宇治川工事はまだまだ続く »

2013年12月 6日 (金)

宇治橋通商店街で昭和を味わう☆荒菊商店

131205_123101_2

今、宇治橋通り商店街は大売り出しの期間中!今月15日までで、加盟各店はいろんなお買い得商品を用意したり、割引をしたり、さらにスクラッチカードで500円の商品券が当たったり、ハズレスクラッチカード3枚でプレゼントの応募ができたりするのである。
取っていた1日の新聞折り込みチラシをじっくりと読んでいたら、気になる商品が一つあった。
「鉄板庭箒」である。
「鉄板って、一体何だ?」鉄板でできた庭箒? この箒は箒の中の箒やから「鉄板」って冠がつくのか?
ググってみればすぐに分かるだろう。荒物の達人に聞いてみれば、そんなもん簡単明解、スパッと教えてくれるに違いない…。

果たしてそれでいいのだろうか。
何なんだ?これは、という素朴な疑問を、簡単に人に聞いたり、ググって画像なんか見て、お手軽簡単に納得なんぞしてはいけない。断〜んじてイケナイのである。
自分で調べて「分かった!」という小さな感動を得る折角の機会を、そう簡単に手放してはいけないのである。なんでも聞くのはもったいない。
時は非番。偵察日和である。荒菊商店にGO!である。
「鉄板庭箒が何なのかわからんから見に来たな、オヌシ」などと悟られてはいけない。
『4人が飲むのにちょうどいい急須が入り用だったので、それを購うために来店』という名目でカモフラージュ。心を落ち着けて、庭箒の鉄板を探してみた。
店頭にあった。

なんのことはない普通の箒に見える。いや、そう見せているなんて、コヤツただ者でないぞ。
手に取ってみる。おっ、紐でくくってあって手に取れない。
そんな人気商品なのかっ!
驚きを隠してしっかりと観察してみる。
な、なんと、箒の先を束ねてある部分のブルーの器具が、プラスチックでなくて鉄製だったのだ。
鉄板つーか、鉄挟みとか、鉄止めとか、鉄被いとか、鉄かなめとか、鉄まとめとか…、なんか他のネーミングはないか? いやどれもしっくりとは来ない。
やっぱり鉄板庭箒しかないんだろうか…。
と、お店の前でひとりごちたあと、
「不明なことがクリアーになってスッキリ壮快」の気分を存分に堪能できたことに大満足。妻の所望する急須の手頃なのと当の鉄板庭箒を購い、いそいそと帰路についた。
私はこれで、ベランダの花桃やクリスマスローズやサフィニアの枯れ葉を掃いてやるのだ。
131205_141801
早速、急須で玄米茶を入れてみた、大きめの急須だと茶葉がのびのび膨らんで美味しいお茶が抽出できる気がする。鉄板庭箒も急須も荒菊商店も、僕のおすすめなのである。

|

« 12月は小春日和とちゃうん?☆ご近所のビュースポット | トップページ | カワニナはどうなったのかな☆宇治川工事はまだまだ続く »

宇治橋通商店街」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宇治橋通商店街で昭和を味わう☆荒菊商店:

« 12月は小春日和とちゃうん?☆ご近所のビュースポット | トップページ | カワニナはどうなったのかな☆宇治川工事はまだまだ続く »