« ケロケロかえるちゃんに会いに行く☆滋賀県守山 | トップページ | 2月11日はキムチの日・パート1☆TWIN MOON@酔いどれマザーズ »

2015年2月15日 (日)

JR守山駅をぶらぶら歩いてみる☆発見の連続!

Sn3n00080003

 
待ち合わせの時間より随分早く着いたので、ちょっと散策することにしました。
守山小学校の裏手の道を歩いていると、「樹下神社」がありました。ご祭神は櫛稲田姫。
この方は、ヤマタノオロチ伝説で生贄にされそうになるのをスサノオに助けてもらうんだったわ。このお姫さまの親は足名椎命・手名椎命(アシナヅチ・テナズチ)で、その父親がオオヤマツミノカミ。
わが音曲語物『この花咲くや姫』との関係も深いじゃあーりませんか。ってことで、お参りさせていただきました。
 
安産の神様なんですって。平らな石が祀ってあって、この石の下の砂を袋に入れて肌身につければ安産間違いなしなんだそうです。
Sn3n00090002
 
神社を出ると、小さな橋があって「どばし」って書いてあった。
なんだ? 「どばし」って? 大阪人のわたしには、意味を強める「ど」、どたま、どあほ、どこんじょうからの「どばし」なん?と、ネーミングに興味深々。
 
う〜ん、「土橋」と書いて「どばし」ね。板の橋の上に土を盛ったのが名前の由来ってことみたいなんだけど、「なんで板の上に土を置かにゃーならんかったんどす?」って疑問はいまだ解決されとらんです。
瀬田の唐橋の余材で架けられたとか、橋の長さは36メートルもあったとかわかったけど、なんで土を置いたんや…。
 
Sn3n00100003 
この辺りは中山道の守山宿の中心だったのでしょうね。こんな粋な標識が。
え〜、東海道ちゃうん? ここは中山道やったんか! と心の中で一応無知ゆえの叫び声をあげて。
守山の名前は「比叡山の東門として山を守る」として建てられた「守山寺東門院」に由来しているとか、「京立ちの守山泊まり」と言われて、西から江戸に向かう人たちの最初の宿泊地だったみたい。
 
Sn3n00110002 
一度通り過ぎたものの、「え〜っ!」と頭の中の?????を解消すべく、 わざわざ戻って写真撮りました。
この地域では、花輪の代わりがこんなお菓子なのかしら? 実用的でいいなと思いました♪

|

« ケロケロかえるちゃんに会いに行く☆滋賀県守山 | トップページ | 2月11日はキムチの日・パート1☆TWIN MOON@酔いどれマザーズ »

サクサク散策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: JR守山駅をぶらぶら歩いてみる☆発見の連続!:

« ケロケロかえるちゃんに会いに行く☆滋賀県守山 | トップページ | 2月11日はキムチの日・パート1☆TWIN MOON@酔いどれマザーズ »