太夫のもの想い

2012年10月28日 (日)

ケロケロ公演の舞台裏★おいしいお弁当

こんばんは!太夫あきらんです。秋のケロケロ座公演、公開通し稽古『音曲語り物 新釈この花咲くや姫』、昨日無事に終了致しました!ご覧くださった皆様、ありがとうございました。

いつもは六月五日の県祭りの晩、祭の喧噪と色とりどりの明かりが煌めく中での奉納公演ですが、今回は秋の昼間。明るい陽の光の中、ご覧くださっている皆さんの表情や、風が木々を揺らす音を感じながらの舞台となりました。
また、夜の『ドラマチックリハーサル』は、縣神社の宮司さんから豚汁とおにぎりの振る舞いを頂き、少し肌寒い夜でしたがほっこりご覧頂けたのではないでしょうか?これも、県祭りの晩には無い、今回ならではのお楽しみでしたね!

ところで、今回初の試み『縁結び♥さくや茶』はお飲み頂けましたでしょうか?実は私、飲んでないのですよ〜〜〜!きゃさりん、まだあります…か…?

さて、さらなる当日の様子はきゃさりんの筆に託すとして(笑)、私は当日の舞台裏をチラリ。ケロケロ座の舞台は、実はあれこれ準備することがたくさんあって、結構早い時間から現場入りをします。今回は三時からの公演に備えて、お昼前に集合!準備をしながらお腹がすいたら、ケロケロ座、スタッフ皆で仲良くお弁当タイム♥

2_2

ご覧くださいこの美味しそうなお弁当!こちらは、宇治橋通り商店街にあるお惣菜屋さん『和そうざい kusu-kusu』さんのお弁当。いろんなおかずが少しずつ楽しめるのが嬉しい!お味もとっても優しい感じ。私はこのおかずの中では茄子が一番のお気に入りです!もりもり食べて、午後も元気に舞台をこなしました★
お惣菜、また買いに行こ〜。

【こちらのお弁当は…】
和そうざい kusu-kusu
TEL 0774-23-4140
宇治妙楽171-26

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年10月22日 (月)

ケロケロデザイン分室より☆公開通し稽古のチラシ☆

ケロケロブログではお久しぶりの太夫あきらんです! きゃさりんからの告知に引き続き、遅ればせながらケロケロ座広報部デザイン分室(主にパソコンを使う方)から来る27日の公開通し稽古のチラシ画像をお届けします!(画像クリックで拡大します〜)

Chirashi1

Chirashi2

特にあらすじを書いた下の方のチラシは、27日当日にもお配りしますので、ぜひお手に取ってご覧ください♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月14日 (月)

太夫あきらん激写☆金つぶちゃんと赤つぶちゃん

Photo

以前にブログで紹介した写真は、暗くてよくわからんかったから、太夫あきらんがちょっと2人(?)をポージングさせ撮影してくれました~。

未完成のサグラダファミリア聖堂前にたたずむ2人です。

フォト:By あきらん

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月10日 (金)

あがた祭、音曲ケロケロ座の写真が届きました!

こんばんは!ケロケロ太夫です。

先日の記事で、『ケロケロ座の写真が無い〜!』と泣きわめいてじたばたした所、撮影してくださった写真を送って頂く事が出来ました!ありがとうございました〜!

というわけで、県祭り当日、音曲ケロケロ座のお昼の公演と、夜の『音曲語り物』、ご覧くださーい!

01 お昼の公演は太鼓と笛とチャッパと歌で、獅子舞!子供も大人もおじいちゃんもおばあちゃんも、獅子に噛んでもらって元気になって幸せになって賢くなって美人になってスタイル良くなって、えーと、えーと… あっ 私、噛んでもらってない!

02アクロバティックに獅子舞ってくれたのは、ケロケロのお友達の植ちゃんです。ノリノリ!(へとへと?)

03 そしていよいよ、夜の『音曲語り物』。ニニギノミコトとサクヤヒメとの婚礼の場面です。

04 美しいサクヤヒメとの婚礼に、ウキウキ浮かれまくりのニニギノミコト。サクヤヒメは小顔美人!

05そして、サクヤヒメの姉のイワナガヒメ。その名の如く岩のような顔かたちの…、いわゆる、ちょっとばかしご面相に不自由な…でも、『岩のように変わらない命』を司る女神さまなのです。

音曲語り物の舞台は、まだまだほんの導入部分。そしてこの後イワナガヒメは、ニニギノミコトは、そして、サクヤヒメは…!?

お写真のご提供、ほんとうにありがとうございました〜!そして、他にもお写真をお持ちの方がいらっしゃいましたら、ぜひご連絡ください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 7日 (火)

あがた祭、奉納演舞の写真大公開。

こんばんは、広報、カメラマンの、太夫、あきらんです。(戦場カメラマン調)

あがた祭より二夜明けまして、夢から覚めた月曜火曜と普通に会社員で仕事をしに行って、六月五日は何だか本当に夢のような一日だったなぁ、と感慨もひとしおです。

さてさて、それではお待ちかね、あがた祭当日の写真を大公開〜!
…の、予定だったのですが、撮りまくっていたはずなのに使える写真が圧倒的に少ない…ッ!
おまけに、我ら音曲ケロケロ座の出演の際は私もメンバーとして出演しておりましたため、一番肝心なケロケロ座の写真が一枚も無いというていたらくぶり…!!

その辺りの部分はさらりとご容赦頂いて、とにもかくにもダイジェストにて昼間の公演の様子をご覧ください。

00
当日、境内神楽殿前に掲示しておりました、我らが音曲ケロケロ座の演目「この花さくや姫」の告知。これがまた、鄙びた雰囲気が境内にマッチしてて、GOOD!(手前味噌でごめんなさい!)

01
この笛ふくや会の笛の音に併せて、こどもたちが踊る「輪踊り」。ふくや会のバービーとこどもたちの掛け合いによる口上も可愛らしかったです!(腕を伸ばして携帯で撮った写真なので、斜めになっててごめんなさい…。)

02
楽円-RAKUENさんの和太鼓演奏「このはな太鼓」。迫力満点の演奏に、参拝客・観客の皆さんからも拍手喝采!

03
この笛ふくや会によるオリジナル組囃子「宇治十帖」の篠笛演奏。どこか懐かしい音色が、県の杜に響いていました。笛の音にあわせた踊りも披露されました!

05
さんさ宇治組と長岡組による、東北地方の民俗芸能 盛岡三本柳さんさ踊り。華やかな衣装とキレのある身のこなしに、観客の皆さんもうっとり魅入っていました。

そして、われらが音曲ケロケロ座は…

06
嵐の前の静けさ…なんて。夜の出演を待つ神楽殿。

前述の通り、音曲ケロケロ座の出演の写真がありません…。なので、

04
写真、動画、携帯写真でもOK! 音曲ケロケロ座のお写真をお持ちの方、ぜひご一報くださーい!
音曲ケロケロ座一同、心よりお待ち申し上げております〜〜〜〜〜〜!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 3日 (金)

気持ちは晴れ!

またまたこんばんは!音曲太夫のあきらんです。
わーわー、あがた祭まであと2日!当日のお天気は、今の所曇りの予報!このまま保ってくれたらいいなぁ〜。リーダーの怪我と引き換えに(涙・二つ前の記事参照…ッ)日曜日はお祭り日和・音曲日和の予定ですので、皆さんぜひぜひ!お参りの際は神楽殿も覗いてみてくださいね〜。
当日はびっくりするくらい晴れ!の気持ちを込めて、とっておきの写真をアップします!宇治市内某所からの、京都市内方面を望む夜景。。。

20110524192000_4

ところで、もうご覧になっておられる方もおられるかもしれませんが、あがた祭当日境内で奉納演舞を行うメンバーの記事が新聞各紙に取り上げられております!
洛南タイムス、城南新報、そして現在ネットでも記事をご覧いただける、5/31付け 京都新聞!
当日は、踊りあり太鼓あり笛あり歌あり語りあり!あっと驚く獅子も登場。お昼から、あがたさんの境内で、有志一同お待ち申し上げております〜(って、代表みたいな顔をしてすいません>奉納出演の皆様)

20110529175929
…!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月12日 (木)

物思いにふける太夫。(ちょっと嘘)

Photo

こんばんは!

ケロケロな道をご愛読くださっている皆様、初めまして。

音曲ケロケロ一座の「ものがたり」担当、太夫のあきらんです。お話を書いたり、読んだり、役に立たない方の絵を描いたりします。(それをラクガキという。役に立つ方の絵はリーダーが描きます)

ブロガーきゃさりんにかわって、一言もの申す!(偉そう!)

上の写真は、前回の記事に引き続き2009年の七夕の上演。普段の県祭りでの公演だと、舞台を降りて動き回ったり座ったり…なんてことは出来ないので、この時ばかりの演出をつけました。

あがた祭の夜に私たちが上演する「新釈このはなさくやひめ」、初演は2006年?2007年?県神社におわす御祭神、このはなさくやひめさまにまつわる語り物…それって毎年同じお話…?いえいえ、そんなことはありません。

こんなお天気ならこうしたら?こんなことができるかな?お客さんが見てくれる時は、こうしてみたら?こっちのほうがいいかな?こっちの言葉の方がわかりやすいかも。こう動いたほうがかっこいいね!

練習する度、より良い発見。演じる度に、新しいひらめき。新しい曲、新しい衣装、新しいおどり、新しい歌、新しい演出、そして新しい物語が加わって、音曲ケロケロ一座と「新釈このはなさくやひめ」は年々、いいえ日々、生まれ変わって、成長しています。

今年の県祭りの夜は、いったいどんな物語を語ることが出来るのかな?お時間と興味をお持ちの方は、6月5日に縣神社へ御運びください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)