熟女たまさん

2016年12月 6日 (火)

振袖の着付け稽古☆成人式はもうすぐだ!!

Img_0885
熟女たまさんに振袖の着付けの稽古をつけていただきました♪ 
最初はボディに着付けをして、この写真は熟女たまさん!!

基本の帯結びをまず、覚えなさいという指令なのです。
すごい時間がかかった上に、雑な仕上がり。今日最初の帯を結んだ時は、『ネズミ花火』のようなグニャグニャな仕上がりで、師匠の失笑を買いましたが、最後のこれはネズミ花火からは脱却したので、アップしてみました。

「着付けできます」などと、口が裂けても言えませんし、実際きゃさりんが成人式の着付けをするわけではありませんが、師匠方の着付けの補助がもっと効率よくできるように、精進したいと思います。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 3日 (土)

作りたい! 作りたい!☆溢れる素敵なエネルギー♡

150928_142801

 
熟女たまさんが作ってくれた「メガネケース」です。
でも、正確には「シニアグラスケース」いや「老眼鏡ケース」です。
だって、あきらんの若者のメガネは入らなかったんですって。
薄いメガネ、すなわち「シニアグラス」や「リーディンググラス」専用のケース。
刺繍がしてあって、細かい手仕事なんですよん☆
ズ〜ム!
 
150928_142801_2 
水色の洋服を着た女性が、うたた寝しているの。肩に黄色い鳥がとまってる…。
とっても想像力を刺激される図案。
熟女たまさんの、知らない一面をのぞかせている作品です。
外表に現れるイメージとは違う(←ココ突っ込むとこよ!)、その底知れないところが、たまさんの魅力なんだね♡
 
今まで使ってた100均のメガネケースとおさらばして、私の老眼鏡はこのケースに入れられて、快適なご様子です。
たまさんの創作に触れ、きゃさりんの「作りたい気持ち」が共振して、
やまぶどうのジャムを、
 
150928_214301
 
作ろうとして失敗し、やむなくやまぶどうジュースを。固まらんのだ…。
Twin moonの紅玉ジャムがあまりに美味しそうだったので、家にあるふじりんごでコンフィチュールを。
 
150929_173001
 
干しぶどうの甘さの加減がわからず、砂糖の分量に困った…。
ヨガインストラクターなお先生におすそ分けしたら、美味しいと言ってくれて一安心☆
着手してすぐに結果が出る分野限定の意欲のきゃさりん。
熟女たまさんのように、毎日少しずつコツコツと作業して完成させるって境地に進めるよう、修行せねば。
 
誰かの行動が、自分のやる気を刺激してくれて嬉しい。自分のしたことが、誰かのやる気を刺激してたってのも、嬉しいね☆ みんな、ありがとね♡
 
 
 
 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年11月12日 (水)

つまみ細工の達人☆熟女たまさん

Photo

 
先日のあがた神社献茶祭はたまさんときゃさりん、点心のチームでお手伝いをさせていただきました。たまさんは宮司さんの斎服や列席者の袴の着付けもお手伝いできて、2人とも「お役に立ててもらって、嬉しい!」と張り切りました。
と、そのとき、お運びの乙女が着物姿で、髪を綺麗にアップして素敵な髪飾りをされていたのでございます。
熟女たまさん、その髪飾りをじーっと見つめ、心に刻んでいる様子。
きゃさりんは、その真剣なまなざしに「たまさん、あれは髪飾り。食べれないねんで」と心で叫んでおりました。
 
すれば、昨夜の立ち飲みの日記念、音曲会議で披露されたのがこれでございます。
上の写真、モデルは太夫あきらんでございます。
 
141111_213001
 
大事なポイントをしっかりと押さえて、人生を謳歌している熟女たまさんです。きゃさりんも見習わないとっ♡

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月12日 (月)

つまみ細工職人か?すっかり虜の熟女たまさん

Img_2935_2

 
ひょんなことから音曲メンバーでつまみ細工を作ってみようではないかいなということになり、素人3人であれやこれやと資料を集め、材料を集め1日工作の日を実施したのでございますが、たまさんが密かにハマっておりまして次々に作品を仕上げてくるのでございます。
 
これなんて素敵でしょ?
髪飾りだけど、ショールを留めても、シャツのアクセントにしても可愛いし♪ バッグや帽子にもいいよね☆
 
そしたら、次はストラップ♡
 
Img_3034
 
ガラケーもこんな可憐なお花が揺れてたら可愛いやん☆

さらに、こんな作品も☆
 
Img_3037
 
ハレの日にめちゃピッタリくるこんな素敵な髪飾りを見せてくれました。4つの髪留め、デザイン違いですな。
恐るべし、熟女たま。つまみ細工職人への道をつき進んでおります。
 
ただ、あまりに没頭し過ぎて、笛の練習ができていませんと恐縮しきり。あがた祭の舞台が終わるまでは、封印するとのことです。
あきらんときゃさりんが作った包みボタンの髪飾りと、たまさんの作った髪飾り、音曲和物グッズ販売部を設置しようと考え中なので、みなさまご期待くださいね。
 
 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年2月18日 (月)

温泉熟女たまさん情報☆宇治に温泉が「出た」のよ♪

今日仕事してたら、メールの着信★
なんだろなと見たら、
「きゃさり~ん☆言うの忘れてた。大久保のいずみやの近くに温泉でてん」
ふ~んと思って、キッリッと仕事に戻ったのです。

帰りの電車の中で、返信するのん忘れたから、あらよっと携帯を出してよーく読んだら、
「温泉が出た」ってなってるやん♡
てっきり、スーパー銭湯みたいなんができるんやと思っていたら、「れっきとした温泉」なのね。

今年の夏にオープンですって~☆

温泉でじっくり温まって、湯あがりにマッサージなんかしてもらって、身も心もとろ~んとなりたいわ♪

温泉担当のたまさん、続報を教えてね!!

温泉オープンしたらみんなで行こうねo(*^▽^*)o
音曲リーダーはこんなときハミゴだね。お気の毒…。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年1月 7日 (月)

着付け師たまさんの指令☆成人式の着付け『補助』に出動せよ

Photo

もうかれこれ5回目になるのかな、たまさんの手下となって晴れの成人式の着付け、の、補助を手伝って…。
「腰ひも取って」「ウシロイタ、ちょうだい」と言われても何のことだかわからん私に声をけねばならんのだから、着付け師たまさんの切羽つまった感を強烈に読み取ったわよ。もちろん。それに何より着物にとっても興味があったし、着付け師として働くたまさんがかっこいいな~と心密かに尊敬していたからさ。「行く~ぅ! 行かせてくださ~い!」とお手伝いをするようになったのです。

成人式は早朝5時とか6時とか…ものすごい早くから美容室でヘアセット、メイク、着付けが始まります。二十歳を迎えた新成人もそんな早朝ではぼ~っとしてて、なんかさえない感じ(汗)に見えるんだけど、着付けが進んでいくと、あれまっ、凛とした着物姿の初々しい新成人が完成(笑)するのよ。

そして、その新成人たちと会話ができるのも、着付けのだいご味。異世代コミュニケーションが新鮮でとても楽しい。

14日は6時からで眠いけど、そんなさなぎが蝶に羽化するような感動の「着付け」を経験できるのが今からとっても楽しみよん♡
 
けど、それとは別にいつもドキドキする。起きられるかな~とか,自分の任されたところちゃんとできるかなとか、何度経験してもきっとこんな風にドキドキするんだろうね、私。

この写真のモデルは宇治の有名文化芸能人「ひとりものがたり」の六嶋由美子さんよ。着付け(きゃさりんは補助だよ)のお稽古台になってもらったの。
すっかり二十歳の気分のお六さん。貫禄の振袖姿、素敵でしょ?

六嶋由美子~ひとりものがたり~
http://homepage3.nifty.com/rokushima/

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年11月 9日 (金)

適当にが生きるシチュエーション☆着付け師熟女たまさん

Photo 記事の内容と関係ないけど、可愛いでしょ☆ いつか何かになるはず。その時はブログでね。

「適当に」の言葉って奥が深いくせに、誤解を招く言葉だと昨日記事にしたわん。

「この状況下でいい塩梅にお願いいたす」の意味になるのは、相手がちゃんとした実力の持ち主で、しかも差し出すものが最低限揃っているとき。その人は火事場の力持ちというか…、いや違うかな、自分の蓄積された知識や能力、技術を総動員して完成形にしてくれる。

ニニギノミコトの衣装をイメージのままに作って、音曲リーダーに着せてみたことろ、当時はデブリンだったのでちっとも似合わん…。え~、そんなはずじゃ~と気持ちがなえてしまい、興味を無くしたことがある。(あ、音曲リーダーにでなく、作った衣装にね!!)

生地も技術も中途半端だったからなんかへんなものを作ってしまってたし。

いざ本番。着付けは熟女たまさんがしてくれた。

自分のイメージしたものとは違ったけど(そもそも自分が着せてもそうはならんのだからなッ★)、すごくいい感じに帯を締めてくれてて、かっこいいニニギ様になってるの♡

さすがっ♡とたまさんを尊敬!

次年度も熟女たまさんにお願いしたら、「これ、どうするのん?」と聞くではないかっ。
思わず「え~そんなん適当やん」と答えたわ。

舞台が終わってから確認したら、ホントにどうしたもんだか全くわからんかったというので笑っちゃった☆ けど、その時の私の適当には、最大級の信頼と、安心感の適当にだったのよ☆

本番前のあわただし中のやりとりだったから、その時に気持ちがちょっと違う方向にピンとずれたのがわかったのよね。だから、ぜ~んぶ終わってから確認してみて良かったわ。

どんなに素敵な着付けだったかを私が言うと、「え~、ほんまぁ? 私がしたん? 前のビデオ見てみる♪」
互いの表現を尊重しようとしていたのに、本番前には想いが通じない一瞬だったというわけ。

私的には「適当」の言葉の意味の深さを考える忘れられない大切なシーンなのでした。

あぁああ! それと空気を読むってのも! もっと深いと思うのよねっ! 空気を読んで黙るのでなく、しつこく説明してあの時の空気は意図しない空気になったけど、あの空気は間違ってるねって、読んだ空気を評論するって面白くて大事じゃない?

まあね、大抵の人に変な人って思われるきゃさりんは、こんなところがあるからなのかぁ?

| | コメント (3) | トラックバック (0)