縣(あがた)神社

2018年6月 7日 (木)

6月8日は大幣神事☆雨でもあるよ、神事だもん♫

Img_1709

 
あがた祭の興奮も冷めやらぬ今日ですが、6月の宇治では大きなお祭りが8日にもあるんですよ♪
大幣神事というお祭りです。
音曲ケロケロ座のリーダーが作った大太鼓が、この大幣神事の行列を「先触れする太鼓」として使っていただいています。
 
Img_2950
 
 
四尺の(直径1.2メートル)大太鼓。
行列がきたよ〜、もうすぐ前通るよ〜とみなさまにお知らせする役割の太鼓です。もちろん、宇治の無形文化財第一号に指定された古式ゆかしい神事の行列の一部ではありません。ですが、祭りを支える大事なお役をいただいたと、張り切って先頭をゆくのです。 
 
その神事の最中、観光客の方などから質問されることが多く、わたくしきゃさりんは「はいはい、この神事はね」とご説明させていただいておりました。
しかし、無知なきゃさりん、これまで、「厄払い」と「道饗(ミチアエ)」を混同して説明していました。これは、もう、歴史の改ざん、そう犯罪レベルでございます…。申し訳ございませぬ。
 
この大幣神事、歴史は貞観年間に起源する祇園祭よりもすこ〜し古いとの情報と、きゃさりんが祇園祭の橋弁慶山のお手伝いをしたことがある体験から、祇園祭の厄払いと混同して誤認識していたみたい。ほんと、アホやわぁ。
 
大幣神事の起源の姿は「道饗」の神事。
中宇治の三点を結ぶ道の角かどで、神様に祝詞を奏上し、もてなし、楽しんでもらう意味があるんだって。神様はときにして気まぐれ(神様、怒らないでね)だから、気分を損ねたら悪霊になっちゃう(いやん、神様怒らないでね)。だから、丁重におもてなしをして、地域の安寧を約束してもらったら、「ありがとうございました! 神様のおかえりで〜す」と宴の終了を告げ、帰っていただく。
まぁ、こんな感じが平安末期から伝わる大幣神事の本来の姿です。
 
ですから、あがた祭で渡御された神様がおかえりになる還幸祭でもありません。大幣神事の行列の主役、黄色い傘のある大幣に行列が通る界隈の厄を集め、宇治川に流す厄除けの神事だと、地元宇治の方でもそう感じている方が多いのかも☆
 
Img_1699
 
あがた神社の宮司さんに伺ったところ、
「元々あった道饗の祭りに、いつの頃か大幣が結びついたのでしょう。そうすると大幣を担いで街々を廻り、それに厄を移し最後に大幣ごと宇治川に流して清めるという構図はとてもわかりやすいので、そういう祭りだと解釈されていったんでしょうなぁ。
それは、古い祭りが今日まで伝わってくる過程でできた年輪みたいなもので、祭りの太い幹を支える人々の想いの集積でしょう。あながち、それは間違いではないと私は思っています」
 
そうですよねー☆ きゃさりんもそう思う(キリッ)。
 
と、同時にあらゆる情報をグローバルに総覧できる今日だからこそ、大幣神事の起源が「道饗(ミチアエ)の祭」だったことを忘れたくないなと思ったのでした♪
 
ちなみにあがた祭で梵天に乗って渡御された神様は、6月6日の午前1時に執り行われる還幸祭でちゃぁ〜んと神社本殿におかえりになってまーす♡
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月19日 (土)

あがた祭の梵天☆準備着々

Img_4284

6月5日の深夜に行われる縣神社の神事、梵天渡御。神様の依り代となる梵天作りをされていました。
 
梵天の軸となる孟宗の青竹に茶せん状の切り込みを入れ、そこに和紙で作られた垂れを挟み込んでつくるのだそうです。
五垂れ、七垂れと呼ぶ、重なる枚数の違う和紙を部位を違えて挟み込むので、出来上がりはこんもりと球形になります。
 
竹に切込みを入れる際、根元まで裂けてしまうのを防ぐために番線で補強するのですが、梵天渡御ではこの軸の竹に人が抱きつくので、番線がむき出しでは、怪我をしてしまいます。なので、サラシで番線の部分を丁寧に巻いていきます。
 
「ここに人が抱きつくねん。これで梵天逆さになっても落ちひんで〜」と、みなさんが楽しそうに作業されておられました。
 
完成形の梵天はあがた祭本番の日まで本殿に安置されています。
 
Img_4280
 
いつもとちょっと勝手が違う、神社犬ぺぺ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月27日 (土)

み〜つけた☆幸せを運ぶ♡ひとひらの桜

Img_1583_2

音曲ケロケロ座の練習をすべく、あがた神社の神楽殿に向かうと…。
参道の石の一つに「ひとひら桜」が。

なんか良いことが待っていそうな、ちょっとテンションが上がる、粋な細工です。

熟女たまさんが、

Img_1578
こんないたずらしてました。楽しや〜♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月12日 (金)

2017年6月5日音曲ケロケロ上演、迫る!!

Img_1537

今年のあがた祭まで、あと1ヶ月をとうとう切ってしまいました。
ちょっと焦っています。
 
この間、パソコンが壊れ、音曲リーダーの手による作曲、編曲作業がアナログになっていたり、去年の上演を踏まえるって基本作業が「みんなそれぞれ違う」ので再確認の共通事項を見つめたりと、慌ただしく活動しています。
もちろん、歌の発声のトレーニングに合唱に参加したり、「新釈・この花さくや姫」の楽曲のレッスンを受けたりと、忙しくも充実した毎日です。
 
で、新曲ができたんですが…。
 
パソコンが壊れているのと、「修行」の意味を込めて、って感じで、2声のアカペラで演奏します。ちょっと、いえ、すごく恐怖です。
 
さらに、座員の加齢に伴う「感覚の低下」が太夫あきらんを除いて深刻なので(笑)、対策を考え実践しています。まぁ、「そんなん当然やん」と言われそうですが…。
台本の突き合わせと、集中力アップです。
 
そのため、練習ではちょっと怖いきゃさりんに映っているかもですが、分析は進んでます。
 
一見無駄に見える邪念の中に、ヒントがあったりするんだもんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月10日 (金)

熱い夏第2弾☆大幣神事も終了!!

Img_0556

 
今年初めて触れ太鼓を両面から叩くことができました。
 
左側で白丁を着て烏帽子をかぶっているのは、大川さん☆
右側の白衣姿は音曲リーダーです。
 
宇治の無形文化財指定第1号のこの神事を、先触れする大太鼓を叩かせてもらうようになって4年目。
「遠くから聞こえてくる太鼓の音はいいねぇ」
「今年の響きはちょっと違ったよ〜」
などなど、声をかけていただきました。
 
太鼓は初めてとおっしゃる大川さんも、とても素敵に叩いておられて、密かに2人は練習してたんじゃないの? って感じ。息ぴったりでした☆
 
Img_0562
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 5日 (日)

厄除けのご祈祷☆県神社、笠井神楽

160605_133202

1年ぶりの逢瀬の笠井神楽の方に、太夫あきらんは厄除けの祈祷を受けました。
音曲リーダーが張り替え、絵を描いた楽太鼓。
打ち鳴らした音がど〜んと響くと、たちまち大勢の方が集まりました。
太鼓の音って、いいですね。
 
5時まで祈祷の受付をされていますので、お越しください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 4日 (土)

県祭☆県神社の式次第

社務所の脇に掲げられていた、式次第をメモってきましたん☆

=平成二十八年度 縣祭儀式次第=

六月五日

 午前十時 朝御饌の儀

 午後五時 夕御饌の儀(大祭式)

 午後七時 護摩焚法修

 午後十一時半 奉幣の儀

六月六日

 午前〇時 渡御の儀

 午前一時 還幸祭

六月吉日

 御幣鎮座祭

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
我が音曲ケロケロ座は、神社の神楽殿をお借りして、
8時半から、音曲語りもの『新釈・この花咲くや姫』を上演します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月 6日 (金)

11月5日は宇治縣神社☆献茶祭☆今年もお手伝い!

151105_163402

式典、儀式のお手伝いは、思いもよらぬ出来事があってスリリングで非日常を味わえるものです…、とこれは県神社の献茶祭を紹介する写真が撮れなかった言い訳なのでございます。
 
お茶席に続く玄関には可憐な野の花が活けられてありました。左手の枝はカクンと折れていて人生の紆余曲折を表すかのようで、しみじみと拝見しておりました。
 
献茶式では、
初夏に採れた茶の葉の若芽、それも柔らかい白い産毛のようなものに包まれてキラキラ光る、そんな茶の葉を手で丁寧に摘んでその日のうちに加工、茶壺に入れてひと夏寝かせたものを、石臼で挽いて抹茶にしたて神様であるコノハナサクヤヒメさまに献上します。
 
今年は堀井さんところの茶園でとれた、『県の白』という銘柄です。
日本で一番の宇治茶の中でも最高級のお抹茶です。
 
香りが立って、旨味とさわやかな苦味と甘味の複雑な味わいでした。
主菓子は駿河屋さんの『栗鹿の子』
こちらも美味でございました。
151105_163601

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2015年9月22日 (火)

放送日がわかったよ〜☆きょうのわんこ♪

150922_104901

 
宇治、あがた神社の看板犬ぺぺちゃんがフジテレビのきょうのわんこのコーナーに登場する日がわかりました☆
 
じゃ〜ん! 
それは、
9月30日です♪
 
 
朝ヨガをしてるときも、インストラクターメグ先生のそばにやってきてちょこんと座り、落ち着いた様子で見守ってくれたペペちゃん。
いつも穏やかなんだよん♡
先日も音曲リーダーが太鼓制作のために神社で作業していたら、
「8年前にここを訪れたときに撮った犬の写真です。届けようと思っていたら随分時が経ってしまって…」と、おじいさんが来られたんですって。
7歳くらいのワンチャンだと思われたそうで、元気なペペちゃんと再会できるとは思ってらっしゃらなかったようで、とても驚かれた様子だったとか☆
ペペちゃんは、あがた神社に縁ある人達の心に残る縁結び犬なんだね。
 
どなたか、きょうのわんこを録画してくださらないかしら…。テレビない。
お願いいたします。ご連絡待つ!!!!!!!!!!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月15日 (火)

全国放送の取材を受けたよ☆県神社の看板犬ぺぺ

Img_0044

「それが何か?」
とけだるそうな視線を投げる、宇治・県神社の人気者ぺぺちゃん。
 
今日、なんとあの全国放送、フジテレビの朝の番組の人気コーナー「きょうのわんこ」の取材を受けるとの情報をある筋から入手し(笑)、ブロガーきゃさりんは現地に駆けつけたのでありました。
 
しか〜し!!!!  行ったら終わってて…。
うぇ〜ん、時間より早めに行ったのにな…。
このような出来事に、浮かれて凹んでハァハァしているのはワタクシだけで、ぺぺちゃん泰然と休んでおられました。さすがっ☆
そして、きょうのわんこのコーナーにぺぺちゃんを推挙してくれたのが、
 
Img_0049
 
近所にお住まいの、あこちゃんです。
宇治の鵜飼の人気者『ウミウのウッティー』の名づけ親でもあるんですよ☆
 
あこちゃんの手元にズームすると…、
 
Img_0048
 
相変わらすピンボケですが、栄えある「きょうのわんこ」の缶バッチ☆
いいな〜♪
 
ちなみに放送日ですが、まだ決定されていないとのこと。
いつになるんでしょう。楽しみでごじゃる♡
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)